NASU基地で前田さんと対談してきた話

¥50,000-のNASU本対談リターン購入に至るまで

私は「前田デザイン室」というオンラインサロンに所属しています。そこでは色々な企画(プロジェクト)が立ち上がり、今回の対談をするに至ったきっかけも、そのプロジェクトの一つ「NASU本」という書籍でした。

『NASU本 前田高志のデザイン』はかなり手の込んだ書籍で、クラウドファンディングで制作費を募りました。そのリターン枠の一つに、今回私が購入した「前田さんと対談する」というものがあったのです。

そもそも私は一般的な会社員で、前田デザイン室に入る前は「ネットで何かを発信する」ことを真面目に考えたことがありませんでした。”ネットでの発信”自体に抵抗があったので、せいぜい趣味でTwitterをいじる程度でした。
それが、前田デザイン室に入って、色々な環境のクリエイターと話すうちに、考えが変わっていきました。

以下は私が「なぜ対談枠を購入したのか」を説明した画像です。

ツイートもした

そもそもの大きなきっかけは

「仕事がほしい」

の一言に尽きます。

今の時代、とにかく発信してなんぼ。どんなに良い仕事をしても、知ってもらわなくては意味がない。その一つの手段として、前田さんの力を借りた「対談」というのはありなのではないか?と思ったのです。

ただ、¥50,000-というのは決して安くはない価格です。結構ギリギリまで迷いました。もう一つのリターン枠、「前田と茄子料理を食べよう!(¥30,000-)」とどっちにしようか決めかねていました。

そうこうしているうちに、「前田と茄子料理を食べよう!(¥30,000-)」の枠が売れてしまいました(笑)

それでもまだどうしようかなあと悩んでいたところ、前田デザイン室のプロジェクトの中で「対談枠、¥50,000-ってかなりお得なのに、なんで売れないんだろう」「メリットをもっと伝えないとダメなのかな?」というやりとりがされていました。

「Discord」というツールのスクリーンショット

ここでようやく決心して購入したのでした。

実際の対談の内容は後日記事にしていただくので省略しますが、実際対談させてもらった感想としては

・自分がやってきたことを再確認、客観的に評価することができた
・自分の強みを言語化してもらえた
・屋号を考えてもらった(このブログのタイトル)

と、良いことづくめでした。あの時思い切って購入ボタン押して本当によかった〜!

記事が公開されたら改めて紹介します!

→公開されました!

こんなこともあった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加