「特別展 ミイラ」グッズデザイン

デザイナーのかもゆうこです。

2019年11月2日(土)〜2020年2月24日(月)、上野の国立科学博物館にて開催中の「特別展 ミイラ」のグッズを一部デザインしました!

「ガチのミイラ持って帰りたくないですよね」

まず今回のグッズを企画するにあたり、担当の方とお話をした時。

企画展の内容はめちゃくちゃ貴重だし素晴らしいものだけど、ミイラの写真がそのまま、例えばポストカードとかになっていたとして、果たして売れるだろうか?という話になりました。

もちろん欲しい人はいると思います。ただ世間一般的には、あまりにもそのままだと「怖い」とか「気持ち悪い」という意見のほうが多いのでは?(※否定しているわけではありません。実際私自身はこういったものにすごく興味があるし、好きです)。

資料としての写真は図録に載っていることもあり、グッズに関しては、リアル感は抑えめにする方向になりました。

グッズ用の素材作成

さて、では写真を使えないとなると、素材を作る必要があります。

デフォルメしたイラストならとっつきやすいだろうということで、「ミイラをモチーフにしたもの」と「知名度もあり、わかりやすいエジプトの神様など」のイラストを依頼されました。

世界のミイラ

今回の展示の主旨が「世界のミイラ」だったので、まずは資料でいただいていた代表的な世界のミイラをイラスト化してみました。

エジプト神

みんな大好きエジプト神。

エジプト神はかなりの数の神様がいるので、どれをイラスト化するか迷いました。

ミイラの神様である「アヌビス」は必須。あとお土産として買うことを考えると

  • 特徴的な見た目
  • 比較的知名度がある(ゲームとかにも名前が登場していたりする)
  • できるだけポジティブな役割(意味)の神様

が良いよなあと考えて選びました。

ただし「メジェド様は何があっても入れねばならぬ」と思い最優先で入れました。「打ち倒す者」とかいう意味らしいけども。

カノポス壺

ミイラを作る際に臓器を入れるものとして使われていた、「カノポス壺」。

干し首

特に言及はされていなかったのですが個人的にどうしても作りたくて、干し首もイラスト化してみました。

文字の案

「MUMMY」や「木乃伊」をロゴのように表現する案も作成。

アイテム提案

これらの素材を使って商品提案をしました(上記のイラストだけでなく、ミイラの写真を加工したものなども入ってます)。

残念ながら、「世界のミイラ」テーマのイラストは少しわかりにくいのでボツになりましたが、それ以外は概ね採用となりました。

ここからは選定されたアイテムとデザインのカラバリなど。

一部「ミニオンズ」や「おしゅしだよ」のグッズデザインもさせてもらいました!チラ見せ。

実際の写真

開催前日の内覧会では、展示内容が凄すぎてかなりの時間滞在してしまいました。

今回のような貴重な内容、そうそう見られるタイミングは無いんじゃないでしょうか。

興味がある方は是非足を運ぶことをお勧めします。

当日は諸事情でまだ売り場に並んでいない商品もあったのですが、何点か写真を撮らせてもらいました。

背中に干し首のイラストが採用されてます!

実はこの「木乃伊」の文字シリーズや干し首は採用されると思っていなかったので、すごく嬉しかったです。

これらの写真はごく一部です!私自身も全ての現物は見られていないのでもう一度行きたい。

今回は個人的にも非常に好きなテーマであったこともあり、最初から最後までめちゃくちゃ楽しく作らせてもらいました!

Twitterなどで購入してくださってる様子を見かけては嬉しくて感激しています。

「特別展 ミイラ」は、上野の国立科学博物館にて2020年2月24日(月)まで開催中です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加