デザイナーがデザイナーにオリジナルの名刺制作を依頼した話

デザイナーのかもゆうこです。

実はちゃんとした自分の名刺を、まだ作ったことがなかった私。

この度、友人でもあるデザイナーの相山沙織さんに、自分の名刺を作ってもらいました!

めちゃくちゃお気に入りです

デザイナーなんだから自分の名刺くらい自分で作ろうという気持ちと、デザイナーだからヘタなものは作れないという気持ちのジレンマ

私はデザイナーとしてこれまでずっと仕事をしてきています。

最初に就職したのは広告代理店。ポスター、チラシ、パンフレットなど、わかりやすく紙媒体の仕事がメインの職場でした。

会社に所属しているメンバーの名刺制作は自分が担当していたし、人に依頼されて作ったものもたくさんありました。もちろん印刷の手配なんかも一通りやっていました。

つまり作ろうと思えばいつでも作れるし、肩書きが「デザイナー」なんだから名刺くらい自分で作らなくてどうする、みたいな気持ちもあったのです。

しかし、いざ作ろうとなると、「どうせ作るなら、なんか凝ってておしゃれなものを作りたい」「テンプレっぽい名刺を出したら恥ずかしい」という気持ちがモリモリ。

考えても「こんなんでいいのかな?」「ちょっとギミックを入れたりしたほうがいいのでは?」とあれこれ悩み、なかなか完成に至らないまま持ち越し…の繰り返し。

「いざとなったら会社の名刺があるしな」と思っていたこともあり、”ちゃんとした”自分の名刺を作ったことがなかったのです。

個人で活動し始めてからの意識

所属している会社の仕事に忙殺されている間はそれでも問題なかったかもしれませんが、個人として活動し始めてから、「自分の名刺」が欲しいと本格的に思うようになりました。

人と会う機会が激減した昨今、名刺を交換することもだいぶ減りましたが、一度は「良い名刺」を持っておきたいという思いは無くならず。

そこで先に名刺をデザインさせてもらっていた、相山さんにお願いすることにしました。

客観的に見てもらってわかること

お願いして最初に、私自身のことをいろいろ分析してくれました。

人から客観的に見てもらうことではじめて気づくことや、「やっぱり自分はこうだよな」と改めて納得することなど、発見がたくさんありました。あと単純にいろいろ考えてもらったこと自体が嬉しい。

既にこの時点で「お願いしてよかったな〜」と思っていました。

ラフが既にお気に入り

最初に作ってくれたラフ。全部何かしら私のツボにハマるところがあって、さすがだなと思いました。

資料全部に感想を雑に書き込むという鬱陶しい返事をしつつ、

仕事への姿勢が自分っぽいなということと、基本的に画面の密度が高いものが好きなので、案1で進行をお願いすることにしました。

具体的な仕様の案へ

進行する案が決まったので、具体的な仕様を色々丁寧に考えてくれました。

どれもめちゃくちゃ良くて全部見たいな…?!という感じですごく迷うな〜と思っていました。

このタイミングで、同時にこちらも相山さんの名刺を作っていたこともあり、いったん直接ZOOMで話すことに。

新しい紙を発見!

ZOOMで話した時に、「実はこんな紙を発見してしまったんだけど…」と提案が。

その名も「トシェブラック256kg」。黒くてマットな紙です。

紙の斤量だってことはわかってるけど、重さからして強そう!!(笑)

説明も「ゴムのような質感」

「最高では?!!」と即決でした。

白インクでプリントするというのも大好きなんです。

その紙を使ったイメージも作ってくれました。

加工の調整+細やかな追加提案!

さて、用紙も決まったところでいよいよ印刷…といきたいところですが、ここで紙が特殊なこともあり、加工が制限されてしまうことがわかりました。

私は紙がとにかく気に入っていたので、用紙は変更せず、ホワイト印刷オンリーで進行してもらうことに。

すると、ここでさらにデザインパターンを考えてくれました。

どれも好きだけど、積み上がったものに工夫があって真ん中が好き!と伝えると、

「淡々と積み上げていく中にもいろんな要素があって、いろんなことができる人」という意図で作ってくれたとのこと。最高かな。

色々調整をしてくれて完成

良くも悪くも紙が強い(笑)せいで、印刷する細かさや濃淡にも制限があったようで、色々と調整をしてくれてついに完成!

紙が強い(何度も言う)ので、ちょっとストイックすぎるというか圧が強いかな?とほんのり思っていたところに、

左の模様にパターンが入ったことで、かわいさが足された感じがとても好きです。

いろいろと個人的なツボが入って、めちゃくちゃお気に入りの名刺ができました!

今では「名刺くらい自分で作れないと!」から、「(自分の場合は)名刺こそ人に作ってもらうのが正解では…?」と思っています。

相山さんの名刺を作らせてもらった時の記事はこちら

ぶんぶんさんの名刺を作らせてもらった時の記事はこちら